ちかごろフライターゲットとしてすっかり定着した感のある鯉。
私にとってあまりフライは身近でなかったんですが、鯉のおかげでなかなか楽しませてもらってます。

鯉というと鈍重なイメージがありますが、そのファイトはかなり個体差があります。
同じようなサイズ、体型でもあまりファイトしないのもいればバンバン走り回って長時間のファイトをするやつもいる。
ジャンプこそ滅多にしないけれど水面をドバドバ走り回るやつもいる。
かなりスピィーディーなのも多く、なれないうちは逆転するハンドルを指に当ててよく痛い思いをしたものです。

フライへの出方もかなりアグレッシブなこともあって、結構アツクさせてくれます。
雑食だけあって、色んなフライパターンで楽しめるのも面白いんじゃないでしょうか?

 

タックルについて

よく渓流用とおぼしき低番手なタックルでやっている方を見かけますが、やめましょう。
鯉の重い引きでヌケてしまうしそんなタックルでGETしようとするとロッドが折れる恐れ大。
第一、周囲に人が居たらいつまでも走り回られて迷惑だと思うなぁ〜。
#8くらいのタックルを使うべきでしょう。
まあ近頃では内水面で#8タックルを使うこともあまりないでしょうからか適当なタックルを持ち合わせていない場合もあるんでしょうけどね。
な〜んて言いながら上の写真は#6タックルでした (^^;

リールのブレーキはディスクブレーキのものがいいんじゃないかな。


でっぷり〜
サイズはそれほどで無いですが良いファイトでした。


ぶよぶよ〜

おもいっきり太ってます。
都会の豊潤な、っていうと聞こえは良いですが、極端に富栄養化というか、簡単に言えば非常に汚れた川で、なんだか良く判らないものを食い続け、ぶくぶくに太った鯉も多いです。
良いことなのかそうでないのかなんとも複雑な心境です。
綺麗な水の自然環境となればこういう鯉も少なくなるかも知れませんが、ほかに面白い魚が釣れる様な自然が蘇るかもしれません。

これだけ太っていると動きも鈍くなるんでしょう。
コイツ、ほとんどファイトしませんでした。

2003/09 UP



2003/01