イトウ


昔は東北地方にも生息していたらしいイトウも、現代の本州では野生のイトウに出会えることは無い。
(なぜか管理釣り場や水族館に泳いでいたりするけど)
日本の無粋な河川工事、森林伐採などによる自然環境破壊により、唯一国内で生息している北海道でも、その生息できる所、数は非常に限られており、ゲームフィッシュとしては別格の感があるイトウ。
こちらのページでは北海道在住のU氏が釣ったイトウを紹介する。

(ルアーで釣れたものです)


でっかいです。
こんなでかいトラウト系の魚って日本に居るというのもすごいものですねぇ〜
85cmだって。

上のと同じイトウ
迫力ありますなあ。


こちら上記のものとは別個体のいイトウですが
「逃げられる」or「リリース」の図。

「あっ、あっ、あっ...ハァ。 ま、いっか」といった気持ちでしょうか。 どんな魚でもありがちですが、イトウならなおさらでしょう。

60cmクラスのもの


こちらは小型のイトウですが、このようなサイズが居るというのは再生産されているのでまだ将来に希望が持てるものだとのこと。
デカイのだけしか確認できないような水系は繁殖が上手く行ってないので、将来的にはそこから絶滅が危ぶまれるということ。
なんとか復活できる環境になってもらいたいものです。

しかし釣れたルアーがまたスーパーソニックのハデハデであるというのが意外や意外、ちょっと驚き。





2003/07