マルタ

 

何年か前からフライ雑誌で多摩川に遡上するマルタが取上げられていました。
一時、漁協が放流し、かつ最近の多摩川の環境がマルタの産卵に適してきたことで大量のマルタの遡上が見られるようになってきたそうです。
そんな遡上マルタをフライで狙った雑誌の記事では70センチオーバーのでっかいのも釣れることもあるようで、面白そうだなとは思いましたが、多摩川という場所があまり馴染みが無いので行く機会はありませんでしたが、春にシーバス狙いで東京湾奥でやっていたところ、マルタが連続で釣れたことがありました。
あれだけ多摩川に遡上しているのですから、遡上期以外は東京湾内に沢山散らばっているのも納得の行く話です。
フッキング後のファイトはマルタの名前のごとく丸太を引っ掛けたようにひたすら重いだけでほとんど走りません。浅いところだとドバドバ暴れるくらいですかね。川で掛けるとまた面白いのかもしれません。
ただ、バチパターンのフライで水面を引っ張ってくると後ろから波紋を立てながらグイグイとチェイスしてくる様はとってもエキサイティングで、バコン!とヒットするところは面白いです。

 


 

 

 

2007年5月に釣り上げたマルタ

だいたいGWくらいになると産卵も終わって、体力回復のため、東京湾の浅場でバチを大量に食べているのでしょう。

オスでしょうか。まだ婚姻色の名残がみられます。


 

 

 


こちらはメスですかね。やせ細った固体も多いです。
しかしマルタは臭いが強烈です。
ボラの特徴のあるものとは違いますが、釣り上げると鯉系の臭いがあたり周辺に充満して、少し離れていても気になります。あの臭いさえなければ...

 

 

 

 

 

 

 


こちらはデップリ太った個体です。サイズはよく釣れるのとくらべ一回り小さいサイズだったのですが、もしかしたら産卵遡上には参加しなかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 



2008/10