働き者達


 このページはかなり重く、かつマニアックなため、釣りをされない方にはお勧め出来ません。(え?今ごろそんなこと言ったって遅いって?)
 ここでは、GTのポッピングで活躍してくれた私のお気に入りのルアー達を紹介します。彼等は私の未熟な腕にも関わらず、うまいことポップ&スプラッシュしてくれ、GTの強靭なアゴと歯でボロボロにされてしまう運命にありながら私の期待に応えてくれました。
 良く釣れるルアーほど使用頻度が高く、その分ラインブレークでロスト率も高いので、GTの痕跡(歯形)をとどめている物の手持ちは希少なのですが、お気に入りで、かつ歯形の付いているやつを紹介します。フックによる傷以外はすべてGTの歯形です。
 すこしでも、彼等の勇姿を鮮明に紹介したいため、解像度を高くしたために重いページとなってしまいましたことをお詫びいたします。(その割には奇麗に見えませんが(^^;)


Soltia Popper


 現在、一番のお気に入りがこれ。ずいぶんお世話になりました。ポッピングの場合ほとんどルアーのカラーは関係ないのですが、この写真のカラーが一番好きです。
 宮古、バリ、クリスマスなど、あらゆる所で実績を上げています。
 購入して最初はファーストリトリーブで使用したのですが、その時の印象は、動かないは、やたら重いは、おまけに値段が高いときているので、「こんなもんツカイモンにならん」と、最低の評価でした。
 ところがポッピングで使用すると、ポップ&スプラッシュのバランスが良いことが判明し、その後愛用しております。
 ラフウオーターでもメンピタでもオールマイティーです。また、ジャークしたときに変な方向を向いたり、ダイブしたときに潜りすぎたりしないので、大変使いやすいです。
 欠点は値段が高いことと(^^;、フックの傷だけで表面コーティングが剥がれてきて、動きが悪くなることです。(タックルハウスさん何とかして〜)



KS Popper


 このルアーを知っている人は宮古通選手権に出れるかもしれません。(笑)
 一般のショップでは入手困難と思われます。とにかく、こと宮古島では安定した実力の持ち主で、私もでかいのをヒットさせた事があります。(ばらしてばかりですが(^^;)
 どちらかというとやや荒れた海面、または深場に向いていると思います。スプラッシュはそれほどでもありませんが、ポップ音は最高ではないでしょうか。ファーストリトリーブ時のスイミングもグーですが、かなり辛いです。(^^;
 ソルティアポッパー同様使い勝手も良いですね。
 私はコイツのレゲエカラーが好きで、ボロボロになったやつもあったのですが、ガーラちゃんに取られてしまいました。
 欠点は通常では入手困難な所でしょうか。



Surface Buru GT


 私がこれを使っているときは「コイツ疲れてきたな」と思って結構です。(^^;
 これの特徴は、ジャークするときの抵抗が小さいことと、スプラッシュがすばらしいところでしょうか。ポップ音は小さいので、浅からず深からずのポイントで、メンピタ状態の時に最大の効果を発揮します。
 今までコイツが効果を発揮したのはバリだけでしたが、シチュエーション次第で使える場は他にも在ると思います。値段が安いのも良いですね。
 また、ファーストリトリーブすると極端に巻き取り抵抗が重くなりますが、狂った様なアクションをします。
 欠点としてはやたら横向きになり易く、またジャークしたときに飛び上がっちゃうのでらくちんだけれども気を遣う所でしょうか。



Zumi Gara


 最近ほとんど使用しなくなりましたが、ポッピングをはじめたころはこればっかり使ってました。カラーは何と言ってもこのファイヤーヘッドですね。また、キャッチこそ出来ませんでしたが、ビッグワンサイズをヒットしたり、結構今までお世話になっているルアーです。
 比較的サイズが小ぶりで、使い方も繊細さを要求されますが、今一つ魚に食い気が無いような時に丁寧なアクションを加えてやると効果的ではないかと思います。また、ポッピングだけでなく、ファーストリトリーブ(ゆっくりめの)でも実績多いです。



Pop Gara R


 ここで紹介するのもお恥ずかしいのですが、これは私のハンドメイドです。
 一応このシリーズで、1メートル位のダツと、4キロ位のカスミアジなら釣ったこと有ります。ハンドメイドだと4キロのカスミでもスッゴクうれしかったです。
 ウエイトが重過ぎて、ポッピングには使用できませんが、スイミングでは結構いい動きするんですよぉ。そのうちポッピングバージョンを作る予定です。  欠点は入手にとっても手間が掛ることです。(^^;



Surfase Cluser


 これはポッピング用では無く、ファーストリトリーブ用ペンシルベイトですが、今でも思い出に残るルアーですので紹介します。
 GTフィッシングを始めたころ、入手できるルアーは、これかギブス、ピリー位しかありませんでした。釣り方もこれらの、ひたすらファーストリトリーブの繰り返ししか知らず、本当にヘビーでした。しかし水面を突っ走るルアーをチェイスしてくるGTが見えたり、ど派手なアタックは体力限界の釣り方と引き換えにしても余りあるほど魅力的でした。
 今でも時々ペンシルで釣りたくなります。



番外


 画像処理がへたくそで、何がなんだか解りませんが、トレバリーにひん曲げられたフック達です。ほとんどガマのTREBLE13 3/0です。最近はDECOYのソルトウオーター4/0がお気に入りですが、今度はスプリットリングが問題になりそうです。やっぱり溶接しかないのでしょうか?

戻る