PE−LINE


ここではもちろんPEラインについて説明します。

太さ

 国産のPEラインならば、5〜6号がキャスティングで使うならば、適当なところでしょう。ボクは5号を使用しています。外国製のポンドテスト表示なら、50〜80ポンドテストくらいでしょうか。また、意外かもしれませんが、同じ号数でもメーカーにより太さがずいぶん違うものです。

染色について

 もともとPEは染色されにくいらしく、メーカーやブランドにより、その染料が異常に取れやすいものがあります。使用中に取れた染料がリールのラインローラーや、ガイドにこびりついてトラブルの元になる場合があります。ものによっては単に塗料がコーティングしてあるだけのものもあり、注意が必要です。

編み方

 一口でPEラインと言って、その素材自体は同じでも、その編み方により色々特性が変わってくるようです。ブランドによっては妙にラインに撚りが掛りやすくトラブルが多発したりします。編み方が細かければ細かいほど特性は良くなるようです。

ラインシステム

 下の図に僕が使っているラインシステムを示します。

 いろいろ試行錯誤した挙げ句、このシステムになりました。
 ダブルラインは極力短くしたほうがガイドへの絡みが少なく良いでしょう。僕はだいたい3センチ位にしています。
 ダブルラインとリーダーのノットは、偶然フィッシャーマンノットと同じになりました。今のところ、フィッシャーマンの鈴木さんのようなロングリーダーシステムは自信が無くて使っていません。ただ、時々ダブルライン部を三つ編みにして長さを稼ぐ時もあります。

<参考>

 僕の使っているライン:ゴーセン メーターテクミー5号 リップコード50〜60ポンド
 メーターテクミーは他社に比べるとやや細めです。やや色落ちするものの、問題になるレベルではありません。