REEL


 僕の場合、トレバリーには大型スピニングを使用しています。ベイトも使ってみたいのですが、ちょっと自信が...(^^;
 それと、きっとPEとの相性が悪そうですし...

強度

 僕の場合、最大で7キロ位までドラグテンションを掛けます。したがってリールもそれに耐えられるだけの強度が必要になります。

ボディー

 出来るだけ剛性の高いボディーが欲しいところです。剛性が無く歪むと、ギヤなど内部機構を傷めるので、樹脂より金属素材が良いでしょう。

ラインキャパシティー

 PEの5号が200メートル程度巻けること。トレバリーの場合、ほとんど100メートル程度のラインでこと足りるのですが、ナイロンより長持ちすることもあって、150〜200メートルほどまいておいた方が経済的でしょう。

ドラグ

 性能が良く、かつ7キロ位までテンションが掛けられる余裕が必要です。なぜか、国産リールは良いものでもセット荷重が弱くなりやすいので、細かにチェックする必要があります。

国産と外国製

 国産リールは、軽い、滑らか、巻き取りが奇麗なので飛ぶ、といったメリットが有るのですが、剛性が無いのが最大の欠点です。また、いいやつは値段がベラボーに高いのも困ったものです。

 外国製のPENN、Van−Staal、Fin−Norなどは非常に剛性があり、使用していて全く不安はありません。ただし、剛性と裏腹な面が有るのですが、重いです。また、ラインの巻き取りが荒いので、やや飛距離が落ちるようです。構造が単純で、自分でメンテナンスしやすいのも良いところでしょう。

<参考>

 僕の使用しているリール