ROD


トレバリーを狙うには、それ相応のロッドが必要になります。

十分なパワー

 トレバリーの場合、沿岸部や沖の根回りでの釣りが中心となります。そうなると必然的に根をかわすためにある程度強引なやり取りが必要になるケースが多々あります。その時に柔らかいロッドだと、魚が向きを自由にかえられやすいので、それをさせないためにもパワーのある(固い)ロッドが要求されます。
 また、ポッピングをするにも固いロッドの方が操作しやすいです。

丈夫さ

 せっかくBigOneをヒットさせても、そのファイト中にロッドが折れてしまってはバラす原因になるだけでなく、危険でもあります。ただし単純に固ければ良いというものでもありません。固くても、バットまでスムーズに二次曲線を描いて曲がるロッドが必要です。一見固いだけのロッドの中には、柔らかい所と固いところがスムーズでなく、そこの境目がウィークポイントとなって、折れる原因となります。いわゆるパラボリックアクションで、かつ、強い(固い)ロッドが良いでしょう。適合ラインクラスとしては最低でも30ポンドテスト以上、出来れば50ポンドテストまで対応したものが良いでしょう。

ガイド

 ガイドのリング部はSIC素材を使用したものがお勧めです。SICガイドは表面硬度が固く、また、摩擦抵抗が少なく飛距離が出るという特徴があります。
 ハードロイガイドではちょっと心配です。ゴールドサーメットは使用したことは有りませんが、SICで十分と思います(SICで傷が付く前にロッドの方がへたるでしょう)。もちろんガイドを止めているスレッドも丈夫に出来ていなくてはなりません。
 ガイドの大きさも重要なファクターとなります。ラインシステムのノット部がスムーズに通りやすい様に、全体的に大口径のガイドを装備したものが必要です。

グリップ

 グリップについては、その人の体格により、好みが別れるところですのであくまで参考までに。
 少なくともグリップ部もロッドの一部となっているようなバランスのロッドが良いでしょう(うまく表現できない(^^;)。ロッド本体からグリップ部まで荷重がスムーズに伝わるロッドが僕の場合は気持ちよく使えます。グリップの長さについては、僕の場合グリップエンドからリールシートまでの長さが長い方が好みです。また、やや太めの方がしっくり来ますね。

注意点

 PEラインを使用すると、ロッドにも非常に負荷が掛ります。その結果、ヘタリも早く、高い道具ですが、案外寿命も短いので消耗品の一つとして考えなければならないのが辛いところです。(^^;

<参考>

 僕の使っているロッド:Fiherman GT86 & BIGGAME86
 最近はBIGGAME86がお気に入りです。難点は高い(^^;